格安スマホの料金プランの決め方

格安スマホは通信回線を大手のキャリアから借りて、格安SIMカードを利用できることから、料金が割安になっていて、人気となっています。
更にお得に使うには、自分の使い方に合わせて料金プランを選定するといいでしょう。
まず、安定した電話回線を利用して通話をしたい方は、音声通話の機能のあるSIMカードが付いたサービスを選ぶといいでしょう。
キャリアから格安スマホに乗り換えする際も、電話番号がそのまま使えることが多いですし、インターネットの利用もできます。
インターネット利用を重視する方や、ガラケーと2台持ちしている方は、データ通信のみのSIMカードが付いているサービスを選ぶといいでしょう。
こちらの方が月々の利用料が安価に設定されていますので、月々のデータ量が多いものにしてもいいでしょう。
ただし、電話回線は利用できないため、音声通話がしたければ、無料でインターネット電話ができる通話アプリを入れる、無料通話ができる通信サービスに加入するなどの対策を採る必要があります。
毎月のインターネットの利用から、必要なデータ量を割り出して、プランを選定することもできます。
電話会社のサイトにログインすれば、現在利用しているデータ量が分かる場合があるため、格安スマホのプランを決める時の参考にするといいでしょう。
規定の量を超すと、低速での接続しかできないため、注意が必要になります。
目安としては、メールのやり取りだけの方なら、最少の2G未満でもいいでしょう。
インターネットの閲覧をしても、ほとんど動画を見ない方の場合は、ごく平均的な使用量となり、2Gから5G未満程度のデータ量のものが適しています。
インターネットを利用する機会が多く、音楽や動画の閲覧、アプリ等のダウンロードも頻繁に行う場合は、5G以上か、データ利用無制限を選ぶのがおすすめです。